60代から歩む素肌美人への道!化粧品選びのポイント

HOME » 【お悩み別】60代の肌を変える化粧品3選

【お悩み別】60代の肌を変える化粧品3選

年をとると衰える肌の老化の原因をひとつひとつ紹介しています。

若い肌には条件がある?

みなさんは、若々しい肌の条件をご存知でしょうか?

昔からよく言います「うなはだけつ」

これに最近はひとつ加わったことで、わたしは「うなはだせいけつ」と呼んでいます。

なんの呪文?と思われた方、ひとつずつご紹介したいと思います。

  • 「う」→うるおい
  • 「な」→なめらかさ
  • 「は」→はり
  • 「だ」→弾力
  • 「清」→清潔さ
  • 「け」→血色
  • 「つ」→ツヤ

この7条件が揃っている人は「若々しい肌」「美肌」というわけです。

逆に、年齢を重ねていくと、この条件が満たされなくなり、老化した肌になっていきます。

肌のたるみを気にする女性のイラスト

  • うるおい→乾燥
  • なめらか→肌が荒れる
  • ハリ→たるみ
  • 弾力→シワ
  • 清潔→くすみ
  • 血色→シミ
  • ツヤ→黄ばんで生気がないように見える

各条件が老化によってこう変化してしまうのです。

老化にはスキンケアで対抗

このような変化を起こさないためにみなさんスキンケアを行っているわけですよね。若いころには、UVケアやスキンケアなどを行う人と行わない人ではそんなに違いは見られないものですが、年齢とともに、その違いは顕著になっていきます。

紫外線を多く浴び、お手入れをあまりせずにストレスなどを多く感じた人は、そうでない人と比べると歳をとってからの実年齢と肌年齢に大きな差が出ていきます。きちんと対策をしてきた人は、実際より10歳以上若く見えるお肌を手に入れる方も少なくありません。

そのために、若いころからコツコツとスキンケアを行うわけです。それだけ、肌に手をかけるということは重要でもあり、きちんと結果として返ってくるということです。

そこで、ここでは、年齢肌のお悩みトップ3である「たるみ」「しわ」「シミ・くすみ」が起こる原因や対策、おすすめのスキンケアアイテムをご紹介していきたいと思います。

 
素肌に朗報!60代のための化粧品ガイド