60代から歩む素肌美人への道!化粧品選びのポイント

HOME » 【お悩み別】60代の肌を変える化粧品3選 » しわ

しわ

しわになる原因とその対策法を紹介します。また、しわにはたらくアンチエイジングな美容液をピックアップしました。

しわの種類はひとつじゃない?

若いときでも目尻の笑いじわなどを気にする人もいるかと思いますが、そのちょっとのしわが年齢とともに深くなり、気づけば歳を感じさせる顔の原因になっています。鏡を見る度にしわの部分を伸ばして、「ここがなければもう少し若々しいのに…」と感じている人も多いことかと思います。

それでは、みなさんはしわの原因をご存知ですか?対処法を知る前に、まずは敵を知るところから始めてみましょう!

しわにはいろいろな種類があります。小じわであったり、ちりめんじわ大じわなどです。

ちりめんじわは、脱水症状や皮膚の病気など、突発性の何か症状があった際に現れやすい症状です。そのため、病状が回復したり、対処すればすぐに改善するタイプのしわとなります。

また、小じわは、若いときでも目の周りなどにできやすいもので、表皮の問題なので、しっかりと毎日保湿を心がけて正しい対処をしてあげれば、問題なく改善すると考えられています。

ここで取り上げるしわとは、大じわのことで、小じわに何の対処もせずに放っておいた結果、真皮にまで至る深いしわになってしまったものです。額やほうれい線に深い大じわが出来てしまった場合、なかなか消すことは難しいと考えられます。

しわはなぜできるの?

基本的に、老化現象なので、避けることはできません。年齢とともにハリや弾力のもととなるコラーゲンやエラスチン、さらに潤いをつくりだすヒアルロン酸の量が減っていきます。それらをつくりだす繊維芽細胞の数も減り、産生能力も劣っていくため、ハリや弾力・潤いがなくなっていくのです。

しかし、人によってしわの多い人、少ない人という差ができるのは、老化以外の原因によるものです。

紫外線

しみの原因とばかり考えられがちですが、紫外線はコラーゲンやエラスチンにも悪影響を与えるため、しわの原因となります。

汚れ

皮脂は、天然のクリームと呼ばれるほど素晴らしいものなのですが、長時間放置しておくと酸化して肌にダメージを与える過酸化脂質へ変貌します。これが老化の原因になってしまうのです。

もちろん、古い角質やメイクをしたままの就寝なども肌に良くありません。乾燥をまねき、結果しわの原因となります。

お手入れ方法

お手入れの方法が間違っていて、強くこすりすぎてしまっていたり、メイクを放っておくなどという行為は肌の負担となります。結果、肌荒れやしわの原因となります。

栄養不足

タンパク質やビタミン・ミネラルの不足は肌荒れにつながります。また、動物性脂肪の摂りすぎも、血液循環の悪化をまねき、しわにつながります。

睡眠不足

寝足りない朝、なんとなく肌がくすんでいたり、化粧ノリが悪いという経験をした人も多いはず。睡眠不足は細胞の疲弊をまねき、ハリ・弾力が失われて、しわにつながります。

ストレス

ストレスを感じていると生理が遅れる…という女性はたくさんいます。つまり、ストレスはホルモンに大きな影響を与えます。生理前後はニキビができやすかったり、肌荒れを感じる人も。ホルモンのバランスを崩すことは、肌荒れに影響を与えます。

しわに効果的な対策とは?

それでは、しわのケア方法にはどのようなことがあるのでしょうか?

しわがまだ深くないうちのケアが一番大切なのですが、しわは指で伸ばすようにしてスキンケアアイテムを塗りこんでいきます。もちろん、やさしく。また、スキンケアの際は、筋肉の流れを意識して、行います。

時々、マッサージをしてあげると、なお効果的です。マッサージをする際は、内から外へ、下から上へという流れを意識してあげましょう。

また、上記でしわの原因をご紹介させていただきましたが、対策としてはそのひとつひとつを意識して生活することです。

UVケアをする

天気や季節に関係なく、年中必ずUVケアを行い、こまめに塗り直すことが大切です。UV効果のある帽子や日傘もうまく使いましょう。

清潔にたもつ

皮膚は常に清潔にしておくことを心がけます。メイクをしたら必ずクレンジングを使用したり、メイクをしていない日でも夜は洗顔をしましょう。

栄養バランスに気を付ける

食事に関してはいろいろと注意点はありますが、脂肪分や脂・糖分・塩分の摂りすぎには気を付け、生野菜や小魚・海藻・果物を積極的に摂取してください。

睡眠

ゴールデンタイムと呼ばれる22時~2時を含めて8時間を目安に就寝することを心がけます。

ストレス解消

自分なりのストレス発散方法を模索しておきましょう。適度な運動は、嫌なことを忘れさせてくれるうえに、健康や美肌にも効果的です。

しわに有効なスキンケアアイテムは?

それでは、管理人が厳選したしわにおすすめの美容液を3つ、おすすめポイントとともにご紹介していきたいと思います。

  • モイスティック:4,500円/50ml

やわたでは、サージを配合したサプリを発売しており、お客様からサプリと同じ働きの化粧品が欲しいという要望から、お肌のサプリをつくるべく研究が始まっています。モイスティックにもサージが配合されており、エモリエントの役割を担っています。

サージは、厳しい環境で生息することから、「生命の実」「砂漠の人参」とも呼ばれており、中国やチベット・モンゴルでは伝承医学にも使われています。サージから抽出できるオイルは1tからたったの2kg。非常に貴重であり、昔から美肌油として愛用されています。

成分としては、ビタミンEを豊富に含んであり、さらにビタミンAやD、βーカロチン、有用な脂肪酸、ミネラルもたくさん含まれています。これらが、体をサビから守ってくれるため、サージ脂は抗酸化作用があると言われているのです。さらに、傷や炎症を保護する役割ももつため、アトピーの方にも愛用されています。

  • トリニティーライン:7,000円/30ml

ナノカプセルで肌の奥まで浸透 保湿効果が高く、ハリにも作用するウルソル酸をナノカプセルに閉じ込め、角質層の奥の部分にまで届かせることで、肌が内側からふっくらとすることを目指しています。

また、和漢植物エキスもインテリジェントナノカプセルに入れて運ぶことで、肌の必要な場所に届けられるようにしています。

  • オルビス:4,200円/35ml

保湿効果が高いつくりになっていますが、ただの保湿を与える製品ではなく、「セラキュート(R)」と呼ばれるハリや弾力への高い作用をもつ成分を配合しています。持続性だけでなく、すぐに効果を実感できる即効性にもこだわっています。

しわの関連ページ

 
素肌に朗報!60代のための化粧品ガイド